プラスチック容器の魅力

最近では、食品などの容器にプラスチックを使われることが多くなりました。食品は太陽光や空気に触れることで劣化してしまいますがバリアの性質を持つプラスチック容器であれば、劣化を防ぎ新鮮のまま食品を保つことが出来るためです。

この記事の続きを読む

プラスチックの成形

プラスチック製品を生産している会社の殆どが金型を用いています。設計図を作成してどのような製品を作りたいかを決めます。プラモデルも金型を用いて生産されています。射出成形で金属にプラスチックを流し込んで作られます。

この記事の続きを読む

より良い安全のために

商品が開発される裏には、原料や物質の調査を行い、安全性を断定する必要があります。原料調査に用いれられるのがテストピースです。素材により方法は変わってきますが、主に力を加えて変形度合いなどを調べます。

この記事の続きを読む

モノづくりの老舗企業

コチラが販売しているディスペンサーは、コンパクトなボディで非常に高いパフォーマンスを発揮します!今すぐチェックしてみましょう。

日本は色々な「老舗企業」と呼ばれる歴史の古い企業があります。 そしてそれは他の国々でも同じで、国というシステムを元の永続性を云々で言えば世界各国の国々は政府や民族文化代表者などが合法的ではない形で交代したり、クーデターに遭われて亡くなられたりして国の名前が変わってシステムが変わるという事もありますが、日本の場合は皇室という皇帝文化が残っている為、一応は日本は変わっていないという風になっている為、この「老舗企業」という分野で問答がある際、もとい他の国々と日本との引き合い問答がある際には1つの主張の論拠となったりする事もあります。 ですが、ここら辺は詮無い上にどうでもいい話です。 重要なのは古くから続く老舗企業の人達がどう思うかであるという点でもあるからです。 そして、今回のタキロンという企業は、日本では有名な様で意外と有名じゃない企業になります。 名前をこれまで何度か変えているのもありますが、何とこの企業は設立環境からの相伝的な意味で言えば、あと4、5年ぐらいで創立100年を迎える大企業でもあるのです。 そして日本では色々な日常生活の道具や物に関わる裏方的な企業でもあるのが特徴です。

この企業の創業者の方の御名前は滝川佐太郎という方です。 この方は1919年に大阪で瀧川セルロイド工業所という名前で企業を設立しました。 そして1935年に株式会社に改組し、色々な土地で工場展開をしていき凄惨環境を整えていきました。 そして、1973年から滝川氏の「タキ」と、プラスチック材料のナイロンやビニロンなどの「ロン」を用いる事でタキロンの名前へと正式に変更する運びとなりました。 プラスチック材料から名前を用いたのは、このタキロンがその頃から化学分野の生産や開発を行ってきた企業であり、合成樹脂関連製造・開発・販売に今に至る過程がある事を物語る背景があるからでもあります。 創業者の方の名前と、企業運営の中で関わる素材と合わせた企業名のタキロン、そんな企業は日本では意外と聞きなれない、知らないという人も居る企業ですが、古くから日本の日用品などで密接に関わっている大企業の1つであるというのが、一種の独特性を示す面白さのある企業であるとも言えます。

プリント基板試作を依頼するならこちらがおすすめですよ。ガーバーデータのチェックが徹底しているので設計ミスを防ぐことが出来ます。